--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.10

矛盾 『富士山の水』

富士山からの湧水は有名ですよね。
毎日、大量の水が富士山の溶岩層を通り周辺に湧き出てきます。
山梨側では富士五湖、忍野八海など。
静岡川では富士宮の白糸の滝や田貫湖、三島の柿田川や楽寿園など。
特に「白糸の滝」はダイレクトに溶岩層から出てくる湧水の滝に息をのみます。

富士吉田にある「道の駅」には、この湧水の水汲み場があります。
富士吉田「道の駅」
止めどなく湧き出る湧水を無料で汲めるので、次々と人々が訪れます。
GW中に撮った写真ですが、たまたまでしょうが空いてました。
富士山の湧水の特徴は…
バナジウムイオン水
ミネラル分を多く含み、特に「バナジウム」の含有量が高いのが有名です。
この「バナジウム」がいくら汲んで帰っても“タダ”。
ポリタンクをワンボックスやトラックに一杯に積んで持ち帰る人も珍しくないです。
ここへ訪れてもしポリタンクやペットボトルが無くても大丈夫。
「ポリタンク」売ってます
「道の駅」でシッカリと売ってますよ。

この麓の湧水の場から車で富士山を登り、場所は富士山五合目。
4月末の「スバルライン」前線開通を待ちかねたように押し寄せる人並み。
見えずとも溢れる人並み五合目
先日アップしたものですが、物凄い人と車。
この写真に写る「土産店」で気になる看板を目にしました。
2万5千円の水
見た通りです。
富士山に降る雨や雪解けの水は、溶岩を通り抜け地下へ直行。
五合目に湧き出てくる水はありません。
しかし、これだけの観光客を補うにはトイレや飲食物など相当量の水の必要性を感じます。

麓で“タダ”で汲める水、トラック一台25,000円で五合目に上げる水。
同じ「水」だけれど、どちらの「水」が大切なんでしょうか。
物凄い“矛盾”を感じずにはいられません。


ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 18:24 | 富士山北麓 | COM(4) | TB(0) |
2008.05.09

もう遅いさんしょう(山椒)

お天気、悪いですねぇ~。
GWの連休中といい今週末といい…私の普段の行いの悪さなんでしょうか。
もう何度も雄たけびを上げていますが、私のブログ「開店休業」状態デス(泣き!)

今日、仕事中に勤務先敷地内で見つけました。
山椒
何だか分りずらいですね。山椒です。
勤務中のためデジカメは持っておらず携帯でパチリ!見づらくてすいません。
すでに葉は大きく育ちすぎています。採るには遅すぎます。
富士北麓では山椒や餅草(よもぎ)は何処にでも生えている雑草のようなもの。
珍しくないんですね。採って歩くのは地元のお年寄りくらい。

山椒の食べ方は…
 ・お醤油で煮た佃煮
 ・塩、胡椒で炒めて、おにぎりの具に
 ・生で豆腐の薬味
 ・お味噌とねぎをまぜたネギ山椒味噌
 ・味噌田楽のなかにいれたりも

正直、山椒はあまり好きではないので旬な時も気にも留めませんせしたが…
どなたか溢れんばかりに採れる「山椒」の美味しい食べ方、教えてくださ~い!


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 22:18 | 春の富士山 | COM(2) | TB(0) |
2008.05.08

ガァ、ガァ、ガァードマン

先月訪れた山梨の名刹「恵林寺」を覚えていますでしょうか。
武田信玄、そして江戸時代に甲州を収めた柳沢吉保の菩提樹として有名。
恵林寺[
詳細は4月の「眠る風林火山」にて。

いずれアップしたかった画像が「恵林寺」にありました。
お寺も信玄も関係ないんですが「恵林寺」の入口の三門をくぐった池。
この池に『鴨』さんがお住まいです。その『鴨』さんの風景、会話をお見せしたくて。
「恵林寺」境内のお土産やさんに現れた『鴨』さん。人など全く意に介さず。
女の子(左手茶色の娘)を囲むようにガードを固める男三人衆。
守るぜ、護るぜ!
この男三人衆の目つきが鋭い。
鋭い眼光に眺めるだけでとても手も足も出ません。

寄るな、寄るな!

彼女に指一本触らせねぇ!
厳しいガード。特に上の写真の眼光の鋭さは半端ではありません。
その後、彼女が選んだのはこの中にいるんでしょうか。
ただ守るのは彼女だけじゃありませんよ。
流行の『鳥インフルエンザ』からも身を守ってくださいまし。



ニャンとひと押しお願いします。


2008.05.08

ツツジ

これからの富士山北麓は花が途切れることがありません。
富士桜が散り始めた足元に目をやると、次にはツツジが満開を迎えようとしています。
フジとツツジ
写真のツツジの向うは、すっつかり葉桜になった富士桜。

こちらは八重桜とツツジの揃い踏み。
春の「忠霊塔」
6日朝、出勤前の足慣らしに訪れたウォーキングコースにある「忠霊塔」。
富士山が見えても見えなくても花で溢れるワクワクする季節です。


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 07:06 | 春の富士山 | COM(2) | TB(0) |
2008.05.06

富士と桜 ファイナル

10日ぶりの出勤の6日朝。
連休でなまった体をほぐすために平日には訪れないウォーキングコースで出勤前の体慣らし。
そしてまだ有りました、「桜」。
まだあります「桜」
優雅な花姿で富士山を見つめています。

そして晴れ渡って感じた目に眩しいくらいの青葉。
眩しすぎる青葉
葉桜になった桜。何だかピンクの花より青葉の方が富士山に似合っている気がします。
雲ばかりのGWは残念でしたが、まだまだ「魅力タップリ」と感じる素晴らしい朝です。


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 23:31 | 春の富士山 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。