--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.12

えっ、春が来た!? “農鶏”出現!

昨日のいい加減な予想。目覚めれば
fujiyama07.042.jpg
スッキリ顔を見せました。
多少雪の量は増えているものの、まだまだ。
先日、富士山が噴火して逃げ惑う夢をみたもんですから
なんだか今日は山頂から噴煙を上げているようにも見えます。

ベランダで富士山を眺めながら煙草を一服・・・すると
ふと、目に留まるものがありました。
まだ目が覚めていないと目をこすり、再び見返すと・・・・
なんと農鶏がくっきり現れました。
fujiyama07.044.jpg
矢印のとこなんですが、
確かに生まれ掛けの農鶏は小さいながら確認はしていましたが
いつもの年でしたら、すぐに白く覆われてしまいます。
写真では小さく感じますが、見た目は大きくはっきりとして
周りの雪を蹴散らして飛び立つような勢いを感じました。

富士山の“農鶏”は春を告げる代名詞。
富士北麓では桜の咲く頃に姿を現し、
春の到来として多くの新聞・テレビに出ますよね。
その“農鶏”が真冬の始まりにクッキリと姿を見せる・・・
暖冬?寒冬?
どちらにしても地球規模で何かが変わっているのでしょうか。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vivi430.blog114.fc2.com/tb.php/71-5010c3fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
富士山にも雪形があるんですね。
こちらのブログで初めて知りました。

新年を迎えた時にこういう雪形が見れると
なんだかいい事ありそうです。

昨日も土浦で季節外れのユリが咲いた、なんて
新聞に出ていました。
ホント今年は寒いんだか暖かいんだか・・・。
Posted by ラクーン at 2007.12.13 15:01 | 編集
始めまして
私も富士山大好きです。山歩きが趣味ですがどこに行っても富士山が見えると嬉しくなります。
富士山の農鶏と言うのは知りませんでした。確かに鶏のように見えます。春に現れるんですね。
9日、昇仙峡から綺麗な富士山を見てきました。
Posted by ミニミニ放送局 at 2007.12.13 20:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。