--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.14

「小さな恋のメロディ」って知ってますか?

晴れているのに“雲隠れ富士右衛門”“霧隠れ富士蔵”に阻まれて今日は富士山に面会出来ず!
突然ですが「小さな恋のメロディ」という昔のイギリス映画をご存知でしょうか。今日は民放で見たいものがなく何気なしに21時からWOWWOWにチャンネルを合わせたら始まりました。歳がばれてしまいそうですが公開当時ロードショーで見て以来30うん年ぶりに巡り合ったでしょうか。手元に当時映画館で買ったパンフレットが残っています。当時の私はビージーズの主題歌とエンディングに流れるCSN&Yの曲が大好き、また主演の女の子“トレイシー・ハイド”でしたかね、この娘が恋人にしたい一番手で映画の筋などどうでもよく見たものです。改めて見て、この映画は人を愛する基本が凝縮された物凄い映画だったんだと実感しました。脚本・カメラワークなどチャップリンのパクリ的なものを感じますが“純粋な心と愛って何”と少なからずとも感じさせてくれました。作品の前後はありますが、私が考えたこの映画のトロッコが行き着いた次の物語がミッシェル・ルグランの曲が耳から離れない“ひと夏の経験”、彼らが大学を進学して起きた“いちご白書”、その一生を垣間見る“フォレストガンプ”なんて思いながらニヤっと一人思いを巡らせています。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vivi430.blog114.fc2.com/tb.php/37-fe7802a3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。