--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.11

昼でも夜でも“紅富士”だぁ!

西の空に青空が広がってきた午後、日帰り温泉へ。富士北麓には日帰り温泉が数多く点在します。
河口湖の“天水の湯”“開運の湯”“河口湖温泉時”“あかり亭”、鳴沢の“眺望の湯ゆらり”、西湖の“いずみの湯”、河口湖IC近くには富士急ハイランド直営“ふじやま温泉”それに“芙蓉の湯”、山中湖のでは“紅富士の湯”“石割の湯思いついただけでもこれだけ出てきますが、ここ以外にもまだまだありますよ。
今日はその中のひとつ、私が一番多く利用している
山中湖紅富士の湯に行ってきました。

ilasut.01.gif


河口湖IC方面から国道138号線を山中湖方面へ。紅葉散策を兼ねて山中湖手前の忍野入口を左へ。

071111_1549~0001.jpg
定番の富士山撮影スポット“忍野八海”に寄りましたが雲で何も見えず。

忍野八海から山中湖へ向かう裏道を車を走らせ
071111_1409~0002.jpg
紅葉の長い並木道を抜けると

花の都公園が現れます。
071111_1411~0001.jpg
写真は公園内へ通じる渡り廊下になっていますが、上部に架かっているのはおそらく11月22日から始まるイルミネーション“ファンタジウムのライティングではないでしょうか。始まりましたら紹介したいと思います。
直進すると再び国道138号線へぶつかり信号を右折。すぐに“紅富士”の入口です。
071111_1417~0001.jpg

ここを入ると直ぐに信号。
071111_1417~0002.jpg
直進して紅富士の駐車場へ。
071111_1540~0001.jpg
車を止める隙間もなく大混雑。不安定な天気、冬を感じる気温では温泉が混むのもうなずけますな。

071111_1430~0001.jpg

071111_1430~0002.jpg
写真下の右手に入浴券の自販機でチケットを購入。現在、来場者400万人を記念して11月25日まで大人入場料700円が500円に割引ですよ!

駐車場も満杯なら広い休憩室も一杯。
071111_1442~0001.jpg
大混雑でまともにお風呂に入れるのかしらん…などと思いながら脱衣所へ。
男湯入口
071111_1443~0001.jpg

女湯入口
071111_1443~0002.jpg

脱衣所はそれほど混んでいるとは感じませんでしたが…いざお風呂へ…さすがにこれから中にはカメラは使えませんですので浴場の中身はhttp://www.benifuji.co.jp/へアクセスしていただいて確かめてください。ここでは人間アクセスでご説明。脱衣所は100円のワンコインで締めてもらい入浴後は100円はキャッシュバック。浴場に入ると内風呂が3つと洗い場、2つのサウナがあります。以前は打たせ湯があり気に入っていたのですが何故か廃止になりました。内湯奥の階段を下ると2つの露天風呂へ。センターのぬるめ(約38度)の檜風呂と熱め(約42度)の岩風呂がありますが、私はぬるめの檜風呂へ30分~1時間浸かるのが定番。ほんと疲れが取れます。今日は瞬間的にしか見えませんでしたが、この露天からの富士山の眺望も素晴らしいです。今はお風呂周りにある紅葉と富士山のコントラストもいいのですが、これから先の冬場雪でも降った後に見える富士山を温泉に入りながら見上げるのも贅沢な味わいですね。贅沢といえば12月から3月まで“紅富士冬まつり”が行われます。期間中の土日祝日に朝6時からのオープンで朝焼けの本当の紅富士を楽しんでもらおうという冬場の恒例企画よく晴れた氷点下の朝の紅・紅・紅富士、一生忘れられない思い出になると思います。
はぁ~久しぶりの温泉、気持ちいいズラぁ~!車だからグッと飲みたいビールは我慢。帰宅後、速攻でグビグビ。旨いっス!…そして昼寝いや夕寝…またまた気持ちいいズラぁ~


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://vivi430.blog114.fc2.com/tb.php/33-8e0c4cad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。