--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.26

消えない記憶、消してはいけない記憶

先週末に撮った富士、場所は富士河口湖町富士ヶ嶺地区。
市町村合併で名前は変わりましたが旧・上九一色(かみくいっしき)村です。
先日紹介した本栖湖と南アルプスを一望する展望台から数キロ先に位置し、朝霧高原の裏手。
私のブログの表紙で、たまに顔を出す「牛ウシ富士山」もここから車で僅かな距離。
富士ヶ嶺からの富士山
たくさんの牧場が点在する、「のどか」を絵に描いたような場所。
眺めているだけで心が和みますね。
しかし十数年前、こののどかな場所に「悪夢」と「悪魔」が存在しました。

一週間前の3月20日の春分の日は、日本史上最大最悪の無差別大量テロ
「地下鉄サリン事件」が起こってから丸13年が経ったというニュースが報道されました。
被害者のひとりで今も後遺症で苦しんでおられる方が
事件を風化させないために、今まで伏せていた名前を公表して
「この事件を忘れないで下さい」と公の場で報道陣に訴えました。

「地下鉄サリン事件」から遡ること数年前、私はまだ東京在住。
妻の実家は富士北麓、私の妹夫婦は静岡市内。
私と妻は子供のいない二人暮らしの我夫婦は、
正月や夏休みは東京から静岡・山梨と又にかけて遊びに行ったものです。
その度にこの富士ヶ嶺を行き来したものでした。

異様な光景を目にしたのはいつからだったでしょうか。
富士宮の「白糸の滝」から、この富士ヶ嶺に繋がる裏道を通ったとき
白装束に頭にはヘッドギアといわれるものを装着した多くのオウム信者達の異様な姿が目にするように。
詳細は解りませんが富士ヶ嶺に総本山?を置く前は富士宮地区が本部だったのでしょうか。
私も妻も気味が悪いのでこの裏道は封印しました。

その後、オウム真理教はあらゆる傷ましい事件を起こしながら「地下鉄サリン事件」へ到達します。
猛毒「サリン」が、サティアンと呼ばれた富士ヶ嶺のこの地で造られ
死者12名、5千人以上の重軽傷者を出した無差別テロに使われたのを思うといたたまれない気持ちになります。
「サリン事件」の後も、この富士ヶ嶺地区にはオウム信者がしばらく居残り、
トラックの荷台に白装束に頭にヘッドギア集団が乗り込んで移動する姿何度も目にしています。
現在、サティアンと呼ばれた施設は全く存在しない平和な高原が広がるばかり。

この富士山を目にする度に、二度と絶対に許さない、繰り返させてはいけない
そしてそして、決して忘れてはいけない事件なのだと改めて感じる特別な富士山の姿です。


ニャンとひと押しお願いします。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vivi430.blog114.fc2.com/tb.php/186-eddf18d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
仰るとおりです。無差別な行為は絶対に風化させたりしてはいけない・・・本当にそう思います。
今、世の中には信じられない事件や事故が増えてきました。
私たちもそれに慣れっこになっては絶対にいけません!!
悪いこと…人の気持ちを踏みにじること・いじめ・自己中心的なこと…
色んなことを子どもが小さいときから大人が教え、またその大人も
いつでも子どもたちが見ているということを忘れてはいけませんね!!
Posted by くまくまchan at 2008.03.27 11:25 | 編集
本当に酷い事件でしたね・・・
信仰という形をとったテロ集団でしたもんね
自分達だけが支配する世界のために、他の存在を虫けら扱い
そんな思想が若者に対してマインドコントロールされたとしても
なぜこの美しい景色の中で我に還れなかったものか・・・
閉鎖した世界と言うのは恐ろしい物ですね
Posted by marurun at 2008.03.27 12:02 | 編集
確かにあの事件を忘れる事はないけど、この景色と結びつけた事はなかったです。
そうですね。ここだったんですね。
富士山ってこうして見ると本当に大きい。
すっと高いイメージでしたが、裾野が広がってどっしり見える。
こんな澄んだ風景なのに・・・・。
Posted by ガーネット at 2008.03.27 21:40 | 編集
旅行に行った時についでにヤって¥7OOOOもらったww
旅費が浮くどころか遊びまくったよヽ( ・∀・)ノ
http://houkei.yycola.net/gyaku/l9N6caol
Posted by 猫背 at 2008.03.30 17:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。