--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.02

山より団子---吉田のうどん

富士山が消えています。空力です。どうにもなりません。
青空を背にした富士山は私のブログを辿ると4月23日が最後。
雲ひとつない青空となると4月12日まで遡ります。
「富士山と桜」を撮りたかった多くのカメラマンは恐らく「欲求不満」。
長く張り付き、運よく撮れたとしても作品を見て雲がかる富士山にため息混じりかも。

こういう時は“山より団子”。
富士北麓で見るは「富士山」でも、食べるは「吉田のうどん」。
北麓の都市、富士吉田を中心に60件あまりの「うどん」の店が点在する街。
うどん・・・と言っても讃岐を思い浮かべ「ツルツル」をイメージしたら大違い。感触は全く“逆”。
初めて食べる人にとって「硬い」としか思えない「コシが強い」食感。
当然、どの店も手打ちの太麺。
つゆも一軒一軒こだわりのある味を出してますが基本は味噌と醤油。
うんちくはこれくらいで「さぁ、食べに行きましょ!」
吉田のうどん「美也樹」
私のご贔屓のお店「美也樹」。富士急ハイランドの脇にあります。
ここの“つゆ”は本当に美味しい。“麺”も当然ですが。
今日のオーダーは、これ。
「肉うどん」と「冷やしたぬき」
右の「肉うどん」と左の「冷やしたぬき」。
温と冷を頼むのが地元の定番。女性でもペロっといけます。
そして、もうひとつのこだわりが「薬味」。うどんの手前にある“すりだね”。
七味唐辛子にゴマ、醤油、砂糖など加えて造る薬味。どの店も手作り。
七味より辛く、ほんの少しでも十分に利きますよ~

ではでは「いただきまぁ~す」^o^v


ニャンとひと押しお願いします。



スポンサーサイト
Posted at 18:20 | 北麓グルメ | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。