--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.01

行軍600km

「益子陶器市」のあとは栃木から茨城を一気に縦断し海へ。
ところは茨城・那珂湊市場。
昨年の茨城への単身赴任の際、何度もおとずれた鮮魚市場。
那珂湊漁港 賑わい市場① 賑わい市場②
一年ぶりですが、相変わらず威勢のいい声がこだましてます。
益子の陶器とは違いますが、この市場も見て歩くのが楽しいですね。
とにかく安い!(と勝手に私は思っているんですが)
「鮪」が安い! 「ぶり」「春かつを」が安い? 「タラバ」が安い?
「ぶり」「かつを」「タラバガニ」は普段目にしませんから安いかどうかは分りません。
ただ「マグロ」は安い。
この2000円の切り身に1000円の「ぶり」の切り身を足して2000円でございました。
…店のおっちゃんに乗せられてるだけかなぁ… と心の片隅で思いつつも口元はニヤッ^^

まだまだ・・・・
茨城名物「あんこう」 箱売り「さんま」「いか」 干したて「干物」
「さんま」は1箱25尾で1000円。
安いけどれど 「買っても食い切れねぇ~、冷凍庫に入らねぇ~」って感じです。
山盛りです貝・・・
「あさり」1バケツ900円 「カキ」も当然バケツ売り 「ホッキ」もバケツ
全部買ったんじゃありませんよ。買ったのは「マグロ」だけ。
なんだか生鮮の通販カタログ状態になりましたね。
でもカタログで選ぶよりLIVEで自分の目で見て買うのはいいもんですね。
それに、こんな美味しいことも…
旨い!レモンだけ「生ガキ」
こんな事が出来るのも市場だけ。旨かったぁ~^^
あっ、全員買い物に夢中で食事するの忘れた!

一日の往復走行距離600キロの楽しいけれど、体もお財布も疲れ果てた強行行軍でした。


ニャンとひと押しお願いします。


スポンサーサイト
2008.05.01

溢れる陶志

4月30日夜明け前、薄暗い中に富士山の稜線がくっきり。
「あっ、今日は朝から見える!晴れる!」
しかし、しかし…今日は撮れない… 「ウウウゥ~悲しきや、悔しきや(泣き!)」

この日、友人達と以前から予定した栃木県益子町の「益子陶器市」へ。
登る朝日に映える富士山を背に後ろ髪を惹かれるような思いで出発。

何度か訪れている「益子陶器市」ですが、
陶器を見るのが好きな私は行く度に新鮮な気持ちにさせてくれます。
といっても沢山買うわけではありませんが…
益子陶器市メイン会場 陶器市メインストリート 陶器市一幕
いやぁ~暑い暑い。気温はお昼には25℃を超える夏日。
Tシャツの私はゴルフをしたかのごとく腕も首も真っ赤っか。
テントの出店を見て廻る足もパンパン。でも楽しいから時間も食事も忘れちゃうんですね^^v

陶器市で毎回聞くお客さんの言葉があります。
「迷う、迷うゥ~」
そうでしょう、そうでしょう。これだけの出店と品数。私もそうです。
恥ずかしながら今回のGETはこれ。
益子陶器市戦利品
マグカップ2つ(700円)。急須(1600円)。煙草の火消し(300円)。
歩き回った割には少々寂しかったかも。でも何度かのお運びでかなり買い込んでおり
あまり買うと「食器棚に入らん」と妻に怒られますので…
今回は私より友人達が大量に買い込みましたので良しとしましょう。
「あ~っと、娘よ。買ったばかりじゃ、割らないでおくれ!」

陶器市でもうひとつの「お土産」。
朝採り筍
駐車場脇で売っている「朝採り筍」。米糠付きで3本1000円。
私の「益子陶器市」定番のお土産です^^
あぁ~お腹が空いた!遅いお昼を食べに次ぎへ移動です。

いつか「有田の陶器市」にも行きたいなぁ~!


ニャンとひと押しお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。