--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.06

春の夕暮れ、春の幕開け

4月6日の夕暮れ。
春の夕日を全ての人に
富士山から山中湖全体を見渡す十国峠付近からの夕景。
先日ご紹介した「シルエット・ロマンス」からも、かなり標高の高い場所。
何度も訪れ、見慣れてはいても改めて写真で見ると撮った本人もため息。
私が撮ったのは、富士山の眼前を写しただけ。
厳かな大自然が撮り手の技術不足を完全にフォローしてくれています。

山中湖畔も含め富士山北麓は近そうで遠い春。
こぶし咲くも桜の拳硬く
富士吉田市にある山麓の芝生公園の「こぶし」が花咲き始めるも
桜の蕾は人の「こぶし」のごとく硬く握られたまま。昨日の神代桜の満開がウソのよう。

富士北麓のように桜を初め春を待ち望む人の心を昔の歌人は旨く表現してますよね。
 世の中にたえてさくらのなかりせば
        春のこころはのどけからまし

                              「伊勢物語」在原業平
本当にそうです。それでも桜の蕾が富士山麓でもホンノリ赤く染まり出したのも確か。
もう少し、もう少し・・・それまで他の桜をもうチョット楽しみます。


ニャンとひと押しお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 22:07 | 春の富士山 | COM(5) | TB(0) |
2008.04.06

いにしえの時代から

推定樹齢2000年、日本三大桜のひとつで国の天然記念物
“山高の神代桜”
山梨県北杜市、旧武川村にある実相寺の境内に佇んでいます。
ご覧に行かれた方も多いんではないでしょうか。
日本最古 山高の神代桜
5日、花見日和の午後。相変わらず見事な桜。
樹齢2000年だけに老齢化が激しく、数年前に訪れた時は樹勢回復作業の真っ最中。
痛々しい姿でしたが現在は回復作業も一段落、落ち着いた姿に戻っていました。
それでも何本かの支え木、人間でいえば杖がなければ倒壊しかねない老木。
この先2000年経っても咲かせてほしい桜です。

この桜を見て思い出す芭蕉の有名な俳句。
  さまざまの 事おもひ出す 桜かな
この句は、この神代桜が樹齢二千年を思い自分自身のために詠ったような気がします。


それにしての物凄い人出。車も大渋滞。
神代桜の人波
弥生・古墳の時代から生きている桜。昔もこうだったんでしょうかね。
老木の桜だけが知っています。


ニャンとひと押しお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。