--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.11

太宰治とエンデバー

11日退社後、好天の夕暮れの富士を撮りに旧御坂峠の天下茶屋へ車を走らせました。
職場を出て30分。辛うじて夕景のかすかに残る富士山に遭遇。
天下を撮る
全体の形が見えているとはいえ、あいにくの霞空。
今朝と同様、あまりはっきりとはしません。

天下茶屋。
御坂峠・天下茶屋
太宰治が昭和13年9月から約2ヶ月逗留した宿としてあまりにも有名な宿。
のちに「富士には月見草がよく似合う」と書いた『富岳百景』もここでの宿泊の影響によるものでしょう。
資料によれば逗留直後に甲府の女性と見合い。その後2度目の再婚。
私生活においても作家生活においても多大な影響を太宰に与えた「天下茶屋」。
(にわか仕込みの知識ですので間違えていたらゴメンナサイ!)

このところ太宰治の文庫本が若者の間で再熱して大変な売れ行きと聞きました。
太宰を読み、そして太宰の足跡を辿る…いいもんですよ。いらっしゃって下さい、富士山へ。

ちなみに、この空の彼方スペースシャトル「エンデバー」が飛び立ちました。
日本人乗務員の土井隆雄さんは甲府東中学校の出身。
地元では大盛り上がり!日本発の宇宙ST設置を成功させて無事に帰還してほしいですね。

余談になりますが、私の生まれは東京都三鷹市。
そう太宰治が自殺した玉川上水はすぐ側にありました。


ニャンとひと押しお願いします。







スポンサーサイト
Posted at 23:13 | 春の富士山 | COM(4) | TB(0) |
2008.03.11

春霞

私の妻は食品製造業勤務。出勤は朝4時半。
いつもはまだ爆睡中の私ですが今日は何故か妻の出勤時に目覚めてしまいました。
ベランダから富士山を覗くと、まだ薄暗い中にクッキリと佇んでいます。
少し明るくなった6時前にベランダより一枚。
春霞・ベランダより
かなりモヤッとしたものになりましたが
実際には山肌を流れる霞が幻想的。気温も高め。
本当に春を実感できる一日になりそうです。
富士山を仰ぎながら
  「今日一日も頑張れますように!」


ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 07:13 | 春の富士山 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。