--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.02

富士山、弥生の眺望

きのうご紹介した甲府盆地からの富士の姿。
麓の山肌からも同じように眼下を見据えるベストポジションが幾つかあります。
一番有名なのが「三つ峠」からの富士。ライブカメラでご覧になった方も多いのでは。
ただここは登山道。お車でお手軽にとはいきません。
手軽に行けるところとしては、河口湖の「ロープウェイ頂上」、西湖の「紅葉台」、
山中湖の「パノラマ台」、籠坂峠の「峠の茶屋」などですか。
地元の人々が一番手軽に高い位置から富士山を仰ぐとすれば、私はここだと思っています。
<弥生、富士の春霞
ここは富士と対面する山肌に建立された「新倉富士浅間神社」。
富士山を撮るカメラマンなら知らない人はいない定番のポイント。
特に富士山麓では一番のソメイヨシノが群生する場所。
富士北麓の春遅い4月中旬の満開の時は富士山とのバランスが息を呑む絶景。
今年春は遊歩道も完全整備されより一層、手軽に富士の眺望を楽しめそうです。
でも、神社の象徴「忠霊塔」まで登る写真の石段は400段。
私の足はガクガクで息も絶え絶え。写真がブレなかったのが不思議です。
桜の蕾硬き「忠霊塔」
「忠霊塔」周りの桜はまだまだ硬い蕾。でも、もう少し、もう少し・・・
甲府盆地の桃、富士山麓の桜。ダブルで楽しめる甲州路です。


ニャンとひと押しお願いします。






スポンサーサイト
Posted at 17:31 | 春の富士山 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。