--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.19

富士山頂に旭川が見える…-30℃の世界

19日朝7時のベランダから。
山頂-20℃
この時間、山頂の気温は約-20℃。麓では-3℃。
少しの間ベランダに立っていても寒さがジンと身にしみます。

寒波真っ只中の今朝の北海道。
旭川市内で-25度、江丹別では-34.5℃ !!!!
富士山頂よりはるかに寒い世界が広がっていることになります。
富士山頂ではこの時期平均で-20℃前後。昨日の最低気温でも-24.9℃。
映像を見ると旭川市内を流れる川面から霧が発生して幻想的な雰囲気でしたが
地元の方にとってはとんでもない寒さです。
寒さには慣れている私も-20℃以下の状況は創造できません。

記録に残っている日本での最低気温を調べてみると
1位はやはり旭川。1902年に-41℃を記録。
2位は1902年の同じ日に帯広で-38.2℃。
3位に富士山頂が登場、1981年に-38℃。

昨年夏に熊谷と多治見で記録した最高気温40.9℃。
こうしてみると日本の最低・最高気温のMAXは40度なんですね。
+-80度。日本の一年の気温は熱湯に近いものがあります。

ベランダから富士山頂を眺めつつ、雲の先に雪の旭川が見えてきます。



ニャンとひと押しお願いします。



スポンサーサイト
Posted at 09:04 | 富士山北麓 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。