--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.17

米一粒の時間

寒波襲来中の日本列島。
1月17日、午後5時半。ここ山中湖もすでに氷点下。
寒波の中の山中湖
先週とは違い冷たい風が湖面に舞い降り逆さ富士は見せてくれません。
でも厳しい寒さの富士山は格別。
素手で押すシャッターの指の冷たさも忘れます。


日が伸びました。先週9日に同じ場所・ほぼ同時刻で捉えたものと比べてみると
山中湖逆さ富士  寒波の中の山中湖
たった一週間しかたっていないのに明らかに日が伸びたのが分ります。

亡くなった妻の母親の生前の話を思い出します。
やはり年明けのこの寒い時期でしたが・・・
「これから毎日、米一粒づつ日が伸びていくんだよ」
何気ない義母の言葉に、春を待ち望む十分過ぎる程の気持ちがこもっていた気がします。



ニャンとひと押しお願いします。




スポンサーサイト
Posted at 22:15 | 夕景 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。