--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.31

月下の紅色

月下の朝

澄みきった空に月が名残惜しく残っています。
今日の日の出。月下の富士山はほんのりと紅色に。
仕事疲にれの眠すぎる朝の目覚めも
ベランダへ出て冷たい空気、燐とした富士山を仰ぎ見れば
眠気も飛び、今日一日の“気”も自然に湧き出てきます。

毎日の決まり文句ですがベランダより・・・『今日も一日頑張れますように』



ニャンとひと押しお願いします。



スポンサーサイト
2008.01.30

恋しい湯煙

このところ仕事の忙しさで遅い帰宅が続きます。
30日の帰宅は夜10時半。ゆっくりブログと向き合う時間がないのが残念。
まだ水曜日なのに若くない体に連日の仕事での遅い帰宅は、疲れがピーク。

こんなとき思い浮かぶのが・・・・
先週末、新年会を兼ねて泊まったホテルの朝の露天風呂。

湯煙に霞む富士

ホテル屋上に構える露天風呂。
湯煙と木々に遮られていますが、河口湖の水辺の奥
わずかに見える富士山が体や心の全てを癒してくれます。
あ~っ、今この瞬間に戻りたい、この湯船に浸かりたい…



ニャンとひと押しお願いします。




Posted at 23:37 | 冬の富士山 | COM(3) | TB(0) |
2008.01.29

幻風景

先週土曜日から始まった冬の恒例、
富士五湖のひとつ西湖畔の野鳥の森公園で開催される“樹氷まつり”。
1月6日に製作中の樹氷を紹介しましたが、いよいよ本番。
特に日没から始まる樹氷のライトアップは、ツアーバスも大挙立ち寄る人気イベント。
私が訪れた初日は氷点下にも関わらずツアーバスや首都圏ナンバーの車ばかり。

樹氷の魅惑

薄暮の幻想的な樹氷。
晴れていれば樹氷右手のバックに富士山の姿がありますが
残念ながら雲に隠されてしまいました。
これ以外にもいくつかの樹氷や趣向を凝らしたライトアップが点在。
訪れた人を寒さから忘れさせてくれる幻風景です。




ニャンとひと押しお願いします。





Posted at 22:44 | 冬の富士山 | COM(2) | TB(0) |
2008.01.28

熱き想い

寒い、寒すぎる!冷え切った28日朝の気温。
先週の雪降る国道の-3℃の温度計をお見せしましたが、涼しいほうでした。
本日の気温、この冬MAXの-12℃
もうこの寒さ、笑うしかないです。旭川とは比べ物になりませんが
富士北麓が都心からわずか100キロ程度しかないことにご注目。
正確なことは分りませんがおおよその見当で新宿を基点にすれば
西は静岡は富士市辺り、常磐道は水戸辺り、東北道は宇都宮の先でしょうか。
どこを見ても新宿起点で円を描けば極寒な地が富士北麓しかないのが分ります。
もちろん地形、標高の差なんですが
ずっ~と都会暮らしの方にこの寒さ実感できるでしょうか・・・

寒さを吹き飛ばすためにも景気よく花火でも打ち上げますか!

08.01.26冬花火

26日の河口湖冬花火のオープニング。
湖畔のホテル、右手の河口湖大橋、左奥フジテンのゲレンデがライトアップ。
真冬を吹き飛ばす熱き思いを元気に後押ししています。



ニャンとひと押しお願いします。





Posted at 22:43 | 富士山北麓 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.27

揺れるパノラマ

あ~。゚(゚´Д`゚)゚。二日酔い!
新年会で飲みすぎましたぁ、ふぅ。早起きして紅富士を撮りたかったんですが…
昨晩泊まったホテルの部屋は最上階の7階。
チェックインの際は暗くなっていたので確認できませんでしたが
7階の部屋なら晴れていれば間違いなく河口湖を見渡すパノラマが見渡せるはず。

河口湖絶景

まさしくその通り。絵葉書的な一枚になりました。
話では早朝はかなりの紅富士、でも二日酔いで早起きは無理でした。
それでも朝食後の朝8時過ぎ、この視界。十分です。
右手から山腹に忍び寄る雲は雪雲。舞っているのが分ります。
ただ二日酔いのクセして男連中と迎えビール。
シャッターを押す手が揺れるパノラマになってしまいましたが・・・・

昨日は西湖の「樹氷まつり」のライトアップや冬花火も収めましたが
なにせフラフラで眠くて…明日の続きということで。
昼間からおやすみなさい(* ̄_ ̄)



ニャンとひと押しお願いします。






Posted at 16:08 | 河口湖 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.26

新年会 in 河口湖

本日は河口湖畔のホテルで一泊しての兄弟の新年会。
部屋のベランダより湖越しの富士山が見えるロケーションは楽しみです。

河口湖 夕景

年末に撮ったものですがイメージとしてはこの感じで見れるのでは・・・
今夜は冬花火「湖上の舞」もあります。
ホテルの場所が前回撮影した場所の対岸にありますので違ったアングル撮れそうでが楽しみです。
温泉もゆっくりと浸かりたいですね。




ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 14:54 | 河口湖 | COM(3) | TB(0) |
2008.01.25

別れの朝

澄んだ朝の月

25日朝7時。日の出間近の澄みきった青空。
冷え込んだ気温は-8度。
富士山との別れを惜しむかのように西の空でたたずむ月。
日が昇り月が沈む心洗われる時間の流れを写真では表現出来ません。
この一枚で少しでも感じ取ってもらえれば・・・・



ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 21:50 | 冬の富士山 | COM(7) | TB(0) |
2008.01.24

白い森の妖精

先週土曜日以来の朝からの晴天。でも強い風の一日でした。
強風の朝
今朝の富士。左手より雲が沸き立ち風の強さを感じさせます。
東北・北海道での煙突倒壊等の強風による被害が続出するニュースが流れたました。
私のブログご訪問の皆様の地域ではいかがであったのでしょうか。


出勤前に積雪で見ごたえが増した“ハリモミ”の茂る秘密の森へ。
妖精の森
ハリモミの森の上からほんの少し頂を見せる富士山。今にも妖精が現れそうな雰囲気。
なんだか一月遅れのクリスマス・イヴのような気もします。



ニャンとひと押しお願いします。




Posted at 22:11 | 冬の富士山 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.23

よみうり写真大賞

大雪です。
首都圏にも降らせた雪は富士北麓、特に勤務先では30センチにも達しました。
おととい積もった雪も残ったままの上にまた積雪。
-3度の銀世界
今朝の幹線道路も除雪はしてあるものの、いつ路面が凍りついてくるか分らない状況。
どの車もおのずとスピードが落ち必然的に大渋滞。
普段の2倍・3倍もの通勤時間。遅刻者続出です。
眠くて辛いけど、明日朝も早出しなければ・・・


きのう自我流「富士山大賞」を載せましたが、大賞がもうひとつありました。
23日の読売新聞朝刊に「よみうり写真大賞」の山梨県内入賞作品が掲載されました。
報道部門の入賞作品タイトルは『ダイヤを採る人たち』
山中湖のダイヤモンド富士を撮る溢れんばかりのカメラマンとダイヤモンド富士を収めた作品です。
今年の精進湖での初日の出の人だかりを目にした私は
思わず“これ、これ、有る有る”と唸った一枚。アマチュアカメラマンで初出品だったそうです。
混んでいた撮影ポイントからしかたなく一歩引いて撮られた作品。
失礼とは思いますが、まさしく「残り物には福がある」です。

先の精進湖での初日の出の時も物凄い人出。
「よみうり写真大賞」のようなインパクトのある写真には遠く及びませんが
人出を感じさせる物が一枚ありましたので
お口汚しではなくお目汚しになると思いますが・・・・

2008年 初日の出

        タイトル『2008年、幸せでありますように』



ニャンとひと押しお願いします。



2008.01.22

富士山写真大賞

重い雲が覆いつくす富士山北麓の一日。

一瞬

朝、ほんの一瞬だけ頭を見せた瞬間。雲と同化してはっつきりとは分りません。
今日もほぼ真冬日。明日の予報も雪マークの厳しい冬。
でもこれが普通であってほしい!春夏秋冬をいつまでも感じていたいです。


現在、河口湖北岸にある河口湖美術館で2007年度の
「富士山写真大賞展」が開催されています。今年で9回目。
全国腕自慢の写真家が富士山目がけ覇を競います。
私がこのブログでアップした富士山の写真など宇宙の彼方にぶっ飛ぶほど
思わず息を飲む大賞を含め入賞作品の写真が並ぶ館内。
どの作品を取っても写真の機材・技術・知識、
そしてなによりも富士山に対する愛情がほとばしっています。
おそらく私には一生かかっても撮りえないでしょう。
この場でせめて一枚お見せできればいいのですが無理・・・・

なので!
私自身が大賞を取ったと仮定して・・・
今までに撮ったお気に入りの一枚を自分自身で表彰。
恥ずかしながらご提示しますと

冬の朝  精進湖

                           富士山大賞 「冬の朝」

う~ん・・・大賞というよりか逆さ富士で湖面を見るともっとふさわしい賞は

                      これか本当の『富士山対称』



ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 21:32 | 写真のお話 | COM(3) | TB(0) |
2008.01.21

大寒を体感---ドッカ~ン!

大寒。この言葉を骨の芯まで実感、体感する一日。
最高気温0度に届かない真冬日です。
大寒の富士



21日朝の車での出勤前…
しんちゃん雪だるま
夕べからの積雪は10センチ。車を覆い隠しています。
まずは出勤前に車の雪下ろし。
でもこのショット「クレヨンしんちゃんの雪だるま」に見えて一人笑い---

幹線道路は除雪はされているものの氷点下の気温では凍ってきます。
そろりそろりと車を出します。
大寒の通勤道
早出したにも関わらず、いつもの道は大渋滞。
おかげでゆっくりシャッターを押せましたが・・・
前方の富士山が姿を見せたのはこの時間帯だけ。この後、夜半まで雪のチラつく大寒の日。
寒すぎるのは辛いけれど、寒い時に寒さが訪れる、あたりまえのことが消えて行く。
地球の温暖化ってこうゆう季節の節目を失っていくんですね。
いや・・・でも・・・東京で暮らしていた頃、節目の季節感なんて感じていたかなぁ~
都会の暮らしは地球より一足早い人間の心の温暖化だったんですかねぇ?

で、雪降る氷点下の夕方帰宅時、ドッカ~ン突然の後からの衝撃。
赤信号待ちの私の車に路面凍結でスリップした後続車がオカマッチされました。
軽い損傷で済んだけれど、被加害者どちらにでもなりえる怖い怖い真冬の富士北麓。
繰り返し言います。
真冬の富士五湖は絶対に車の滑り止めを忘れずに



ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 22:30 | 富士山北麓 | COM(1) | TB(0) |
2008.01.20

なんだ“氷”ャ!

20日昼。傘雲が手を伸ばして雪雲を呼び寄せています。手を伸ばす傘雲
夕方4時過ぎ、来ました。来ました。雪ました?
明日朝の予報は積雪10センチ。車の通勤が大変、とにかく混みます。
雪の日は早寝・早起き・早出が基本。


先週紹介した冬花火、昨日の七福神巡りと同時に
欲張りに河口湖ではもうひとつのイベント
 ---「河口湖ウィンターフェス」が開催されています。
河口湖ウィンターフェス
河口湖ハーブ館前の大池公園駐車場にテント張りのメイン会場。
中は物産品や“しし汁”などの屋台、一番奥に雛飾りがありました。
そしてこのフェスの目玉が公園周りのイルミネーションと---これです。
向かい合うハリねずみ
なんだか分ります?
「向かい合うハリねずみ」を表現した氷のオブジェ。
そう、『氷まつり』と題して氷のオブジェをいくつか展示してありました。
浅草寺雷門 泉岳寺
横浜ベイブリッジ
「ハリねずみ」は干支ですから分るにしても
なぜ河口湖での氷のオブジェに「雷門」「泉岳寺」「ベイブリッジ」が出てくるの。
これではまるで鬼太郎の妖怪長屋のようで・・・
もっと富士や湖にマッチした展示が出来ないの?と思うのは私だけですかね。。。。



ニャンとひと押しお願いします。





Posted at 21:15 | 河口湖 | COM(1) | TB(0) |
2008.01.20

河口湖新名所--きみまろ七福神

今朝の富士から今夕闇の富士へ。
レーダードームの富士
富士吉田“道の駅”入口に構える富士山レーダードーム上から19日の夕景。
明日夜半からの雪予報がウソのような澄みきった夕暮れを迎えています。


河口湖に珍?新?名所が誕生。今日はそれを記念するイベントが開催されました。
名づけてきみまろの七福神巡り
河口湖在住でここにショップと焼肉店を構える“きみまろ”。
彼が所有していた黄金?の七福神を観光振興のために地元に寄付。
進行著しい河口湖北岸に七福神を点在させ新しい観光スポットを誕生させました。
今日は七福神のひとつ大黒天を祭る河口湖美術館庭園を会場に
“きみまろ七福神”まつりを開催。
まろ様
満を持して「まろ様」選挙演説のごとく手を振ってご登場。
要は七福神スタンプラリーをクリアした(私もですが・・)観光客への握手と記念品贈呈。
七福神まつりの記念品
ラリースタンプと記念品ですが…
驚いたのは初めて開催された「七福神まつり」に東京からのツアーバスが大挙襲来。
おばちゃんパワー炸裂、早々と新名所のアピールをした地元の商売根性も炸裂。

ちなみに七福神、写真でのご紹介。
一番御利益のありそうな大黒天だけアップで・・・
河口湖七福神「大黒天」

恵比寿神 毘沙門天 弁財天

寿老人 福禄寿 布袋尊

何はともあれ地元にも来訪者にも七福神の願いがかなうとよいのですが、
世界遺産を目指す富士山と取って付けたように出来た七福神。
これが融合するかどうかは別問題の気がします。



ニャンとひと押しお願いします。




Posted at 00:15 | 河口湖 | COM(1) | TB(0) |
2008.01.19

富士山頂に旭川が見える…-30℃の世界

19日朝7時のベランダから。
山頂-20℃
この時間、山頂の気温は約-20℃。麓では-3℃。
少しの間ベランダに立っていても寒さがジンと身にしみます。

寒波真っ只中の今朝の北海道。
旭川市内で-25度、江丹別では-34.5℃ !!!!
富士山頂よりはるかに寒い世界が広がっていることになります。
富士山頂ではこの時期平均で-20℃前後。昨日の最低気温でも-24.9℃。
映像を見ると旭川市内を流れる川面から霧が発生して幻想的な雰囲気でしたが
地元の方にとってはとんでもない寒さです。
寒さには慣れている私も-20℃以下の状況は創造できません。

記録に残っている日本での最低気温を調べてみると
1位はやはり旭川。1902年に-41℃を記録。
2位は1902年の同じ日に帯広で-38.2℃。
3位に富士山頂が登場、1981年に-38℃。

昨年夏に熊谷と多治見で記録した最高気温40.9℃。
こうしてみると日本の最低・最高気温のMAXは40度なんですね。
+-80度。日本の一年の気温は熱湯に近いものがあります。

ベランダから富士山頂を眺めつつ、雲の先に雪の旭川が見えてきます。



ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 09:04 | 富士山北麓 | COM(2) | TB(0) |
2008.01.17

米一粒の時間

寒波襲来中の日本列島。
1月17日、午後5時半。ここ山中湖もすでに氷点下。
寒波の中の山中湖
先週とは違い冷たい風が湖面に舞い降り逆さ富士は見せてくれません。
でも厳しい寒さの富士山は格別。
素手で押すシャッターの指の冷たさも忘れます。


日が伸びました。先週9日に同じ場所・ほぼ同時刻で捉えたものと比べてみると
山中湖逆さ富士  寒波の中の山中湖
たった一週間しかたっていないのに明らかに日が伸びたのが分ります。

亡くなった妻の母親の生前の話を思い出します。
やはり年明けのこの寒い時期でしたが・・・
「これから毎日、米一粒づつ日が伸びていくんだよ」
何気ない義母の言葉に、春を待ち望む十分過ぎる程の気持ちがこもっていた気がします。



ニャンとひと押しお願いします。




Posted at 22:15 | 夕景 | COM(2) | TB(0) |
2008.01.16

走り撮り

斜めな姿ですみません。運転中にハンドル片手にパチリ。
車で富士山
狙い定まらず斜めってしまいました。
撮る瞬間、一瞬だけカメラを覗いたら
車は片道2斜線のセンターラインを大幅オーバー。
車が後、横に来ないのを確認してはいましたが冷やり冷やり。
迷惑な奴です。パトカーがいたら一発で「そこの車止まりなさ~い!」

運転中に撮りたくなるような風景があるんですよねぇ~
特に富士山、場所・時間・天気によっていろいろ表情ありますから・・・
それで試してみたんですが、いつか事故りそうですから走り撮りはやめときます。



ニャンとひと押しお願いします。




Posted at 19:20 | 運転中 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.15

ちりめん人形の小さくて大きな世界

知人から頂いた写メ。
手先が器用でいろいろなことにチャレンジしていると耳にしたんですが
最近ちりめん人形にはまっていると聞き電話したところ、この写メを送ってくれました。

ちりめん人形03

昔の農家の冬の囲炉裏端を再現したそうです。
小さなものを携帯での撮影ですので分りづらい部分もありますが
雰囲気は読み取れます。

何枚か「ちりめんワールド」を載せてみました。
ちりめん人形01 ちりめん人形02

ちりめん人形03 ちりめん人形04

ちりめん人形05 ちりめん人形07

最後の何故かトトロが出張るのがなんともかわいい。

このような手造り、物造りが不得意な私にとってなんともうらやましい空間。
真冬の寒さを忘れる温かみがあります。
お伺いして直接撮らせていただきたいものです。



ニャンとひと押しお願いします。





2008.01.15

ほうきに乗って・・・・

三連休、ほとんど姿を見せなかったですねぇ、富士山。
そんな冬寒のベランダで空を眺めていると、ほうきに乗った女の子が・・・・
宅急便配達中のキキが偶然通過。一声かけてた私

「忙しいとこ悪いけど、ちょっとだけ乗せて富士山見せてくれる」

こころよく引き受けてくれたキキの後ろにつかまり富士山上空へ。
雲間に見えた富士山を一枚。

顔だけ富士山

なんて・・・ありえない!
でも、なんだか本当にそんな気になってしまうのは私だけ?ヾ(´゚Д゚`;)ゝ



ニャンとひと押しお願いします。





2008.01.14

冬の舞

真冬の恒例、河口湖冬の花火「湖上の舞」が始まりました。

湖上の舞0801

1月12日の土曜日から始まった「湖上の舞」。
2月17日まで毎週土日、夜8時から30分だけですが打ち上げられます。
その日その日にテーマがあり打ち上げの内容が違うようです。
時間は短くても澄んだ真冬の空気の中で見る花火は鮮やか!
キツイ冷え込みも忘れます。

湖上の舞0802

河口湖「湖上の舞」が終わった翌週の土曜日は2月23日。
「223」で冨士山の日。
花火はもちろん一晩中燃え続ける勇壮な大焚火が印象的。
春の足音が小さく聞こえてきます。


ニャンとひと押しお願いします。




続きを読む
Posted at 10:40 | 花火 | COM(2) | TB(0) |
2008.01.13

鈍寒な富士

“鈍”と“寒”という言葉が似合う今日の富士山。
鈍寒な富士山
陽は出ても終日、五合目から上を全く見せようとしません。
三連休中にいろいろ計画していた撮影ポイント撮りも尻つぼみ。
富士山は逃げません。明日に期待しましょ!

外は気温2℃。こんな寒い日の午後は…
こたつなVIVI
こたつとテレビとみかんと昼寝が一番。
「手をお貸ししますんで入れてくれる?」
先客にお断りして超リラックス。



ニャンとひと押しお願いします。





2008.01.12

富士北麓名物

山梨の名物グルメといえば
・ぶどう ・桃 ・ほうとう ・甲州ワイン ・甲州牛 ・信玄餅
などが全国的に有名ですね。でも富士北麓で一番グルメな名物と言えば
DSCF1098.jpg
吉田のうどんです。
富士吉田近辺に80件前後(数えたことないもので)のお店がありますが
昼時になればどこのお店も行列ができる賑わい。
人気のひとつに値段の安さがあります。一杯300円から500円。
この安さですから一人で「暖かいうどんに冷やしたぬきうどん」というパターンが大半。
麺は太めで硬くてコシがあるのが特徴。
“つるっ”というより“歯ごたえ”を楽しむ感じです。
つゆの味はお店により違いますが味噌をベースにした醤油だし。
うどんの上には茹でキャベツが定番。
その他かき揚げうどん、牛や馬の肉を煮込んでのせる肉うどん、
煮込みうどんや独自の混ぜご飯のあるお店もありますね。
そして薬味。どのお店も独自にブレンドした七味よりまだ辛い薬味は
吉田のうどんの旨味を最大限に引き出します。

写真の吉田のうどんは街中のお店ではなく「富士吉田・道の駅」。
地元人は好みの店を知っていますが、観光で訪れた人はお店が分りずらい。
というのも殆どのお店が民家のような店構え。
中には暖簾さえ出ていない所も。駐車場も狭いです。
「富士吉田・道の駅」なら吉田のうどんを手軽に味わえます。車も停められ、長い時間待つこともありません。
一度歯ごたえを楽しんでみてください。もし気に入ったら街中のお店へ…
正直「道の駅」には悪いですが街中のお店のほうが数段おいしいです。

うどんの隣に何故か「たいやき」。
DSCF1102.jpg
のぼりは反対ですが「うどんたいやき」。そう中に吉田のうどんが入ってるんです。
正確には白あんの中にうどんが1本。
名物にしようと思っているようですが味はなんとも“ビミョ~”
ご来場の際は試食あれ。ひとつ200円です。


吉田のうどんを食べるなら
富士吉田市のうどん屋さん
へLet's Accss! 各お店の詳しい地図が載ってます。
安いけどこの美味さクセになりますよ。私も食べに行ったら紹介したいと思います。



ニャンとひと押しお願いします。





Posted at 15:28 | 北麓グルメ | COM(5) | TB(0) |
2008.01.11

いい下弦な富士山

夕闇迫る直前、いい“下弦の月”を従えた富士山。
三日月富士
1月10日、忍野村から。
撮り手経験不測で若干ブレ気味。雰囲気だけでもいかがでしょうか・・・



ニャンとひと押しお願いします。


人気ブログランキングへ


Posted at 07:15 | 夕景 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.10

晴れた真冬な朝に地獄は見える

明日からの天気の崩れがウソのような澄みきった青空。
富士山北麓
今日も文句なしの富士山。何ですが…

真冬の晴天の朝陽は車の視界を閉ざします。
マイナス5℃な今朝、風向きの影響で珍しく凍り付いていない車のフロントガラス。
溶かす必要もなく気をよくして出勤。職場までの道筋はほとんどが真東。
フロントガラスの汚れを取ろうとウォシャー液出してワイパーしたら・・・・・
車中ショット01
ワイパー使った端から次々と液が凍りついていくぅ~
タダでさえ見えない視界がほとんど“ゼロ”。
微かに見える一番下を覗きつつ不安定な姿勢で側のスタンドへ即避難。
前にも書きましたが私はこの状況で2年前、停車中の車に突っ込んで大事故。
晴れた真冬な朝は陽の向こう側に地獄が見える事があるんです。



ニャンとひと押しお願いします。

Posted at 19:42 | 富士山北麓 | COM(3) | TB(0) |
2008.01.09

夕景---逆さ富士

山中湖逆さ富士

1月9日午後5時40分。山中湖畔長池。仕事帰りにはこの時間が限界。
本物はもっと鮮やかで雄大なんです。


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 21:45 | 夕景 | COM(1) | TB(0) |
2008.01.08

どん岳…頭岳

うぅ~ん、超寝坊。
今年やっと初夢を見て満足げに目覚めたら…やらかした、余裕な時間全くなし。
晴天の朝なのにベランダに出る暇なし。
朝飯飛ばしてデジカメだけは忘れず、カットビ出勤。
でかい富士山「どんだけ~」・・・今日は「こんだけ~、頭だけ~」
2008_0106富士山0004



ニャンとひと押しお願いします。



2008.01.07

松の内終わって「末」が来る

朝からどんより。富士山も朝以降、雲の中。
午後からは冷たい本降りの雨…って「普通この時期、本降りの雪だし!」
きのうのバカ陽気と同様、今日も地球温暖化日和。

今年も「あっ!」という間の一週間。
門松も取れ、七草粥を食べて一年を頑張ろうかというのに
新年早々にいいニュースは聞こえて来ません。
世界同時株安、原油最高値、原料費=物価高騰、相次ぐ大事故、
ねじれ国会がそのままねじれた世の中に、
地球温暖化は環境だけでなく世情をも狂わせる。
2008・・・「末」広がりの年なのに、世も「末」になってしまうのか。

悲観してもしょうがない。
私に出来ることは前を向いて富士山を見上げて進むだけ。2008年、頑張らなくては。
2008_0106富士山0025
で、松の内も終わるので正月用の生花を片付けようと思いましたがまだまだ元気。
猫娘も気に入っているのでもう少し引っ張ります^^


ニャンとひと押しお願いします。

Posted at 22:30 | 2008新年 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.06

馬鹿容器

馬鹿容器、いえいえバカ陽気です。
1月初旬に富士北麓で12℃もあるなんて、なんとも信じ難い。
2008_0104富士山0165
西湖にある「野鳥の森公園」。
ここで毎年1月から2月にかけて行われる『樹氷まつり』。
年頭より公園内にあるオブジェに水をかけ樹氷を創っていき、完成間近…
なんですが、このバカ陽気で解け出しています。
開催は1月26日からなので、まだ少し先。心配はないと思いますが。
ライトアップが幻想的。楽しみです^^


ニャンとひと押しお願いします。

2008.01.05

カンペイちゃん…?

お正月早々かぃいの~・・・ノミがいるわけではないけど・・・なんだかかぃいのぉ~
2008_0104富士山01481

ん・・・・・角にいるチュウチュウ・・・おいしそ~


ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 21:47 | 猫娘 | COM(1) | TB(0) |
2008.01.04

真冬に真夏。

河口湖。真冬は晴天でも4~5℃、
朝晩の冷え込みはマイナス10℃以下になることもしばしば。
そんな真冬に行われる真夏のイベントが2つ。
そのひとつが…
2008_0104富士山0150
河口湖北岸、大石公園で行われている「七夕まつり」。なぜ真冬に七夕…とは思うんですが
笹の葉に新年の思いを短冊にこめてと言うことのようです。
ただ小春日和とはいえ、北風に震えながら見る七夕飾りはなんか“ビミョ~”・・・・

そしてもうひとつのイベントが河口湖「冬花火」。
こちらは来週末から1ヶ月間、土日の夜に30分間だけ打ち上げ。
時間は短いですが寒いけれど澄んだ空気で見上げる花火は
夏とは違う美しさを見せます。
うまく撮れると良いのですが…


ニャンとひと押しお願いします。

Posted at 18:24 | 富士山北麓 | COM(4) | TB(0) |
2008.01.03

新春駿河富士

静岡の旅から戻りました。
旅と言ってもホテルや旅館に泊まるわけではなく、
静岡市内にいる妹夫婦宅で暖かな正月を過ごすための我家の毎年恒例の行事^^;
暖かで穏やかな三が日。
富士山も「どこからでも撮りんしゃい!」と言わんばかり。
そんな「新春駿河富士」。山梨側から辿ってみると・・・

DSCF0513.jpg
1月1日午前、朝霧高原通過中。
これぞ“のんびり、のどか”を絵に描いたような風景。

DSCF0519.jpg
1月1日、富士川河口付近。箱根の山々を従える姿。
明日の駅伝の死闘を静かに待つ富士山。楽しみです。

DSCF0763.jpg
2日午前7時。静岡三保海岸。
富士北麓では絶対に撮れないアングル、海越えの富士。
手を合わさずには居られない神々とした姿。

DSCF0830.jpg
3日昼過ぎ、1国富士川付近。
箱根駅伝を闘った一人一人にエールを送るようにたたずむ雄姿。
勝者敗者にも平等に微笑んでくれます。

どこから見ても穏やかだけれど息を呑む姿。
平穏に静かに明けてくれた年明け。
2008年こそ世界中の人が幸せであって欲しい、初詣で願っていたのに・・・・

2日朝、いきなり富士山で遭難死亡事故、北アルプスでも雪崩で4人死亡の遭難。
その他、血なまぐさいニュースが流れた新年。
改めて富士山に平穏無事を祈らずには居られないお正月です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。