--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.25

閉ざされた金運への道

土曜日の雪降る前、「年末ジャンボ」の願掛けにギリギリ間に合うか・・・・と思いきや
DSCF0219.jpg
すでに遅かった。閉ざされてしまった!
このブログ開設当初に紹介した「金運開運神社・新屋神社奥宮」。
見返して頂くと分りますが、何故山麓にあるこの「ショボイ」社が金運開運のシンボル的存在になるのか・・・・改めて先のホムペで、この社の金運開運の根拠を伝える情報として
「事の起こりは、船井総研の船井幸雄氏が「お金に困りたくなかったら富士山のこの神社に行くと良い」というお話から。船井総研といえばコンサルティング会社として上場もしているあの船井総研。その創業者の発言だから、株とか会社運営に興味がある人には天の声にも等しいようだ」ということです。詳細は先のホムペで。
私、全く知らない世界なので船井さんって「船井電機」?としか思いつきません。ですがこの
一言で異常な?までに「金運開運神社・新屋神社奥宮」へ参拝客が増えたのも事実。
冬場「金運開運神社・新屋神社奥宮」までの林道の入口は閉ざされ(写真)、閉鎖時に訪れた参拝客の金運は遠のく・・・
DSCF0221.jpg

この「金運開運神社」を参拝して金運が授かるかは分りませんが
参拝に訪れたとき写真の「金運開運神社」への上り口が途絶えたとき
自らの金運は立たれる・・・・・と言われているそうです。
来年春、山菜取りをしながら金運を目指します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。