--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.29

続・青木が原“呪怪”

どんよりとした寒い一日の北麓でした。
時折、小雨もぱらつき今にも雪が舞ってきそう・・・
次に富士山が顔を出すときはすっかり白いお化粧を整えてるでしょう。

青木が原・・・
昨年秋のこと、私の友人の娘(仮に里美ちゃんとしておきましょう。二十歳を過ぎたばかり)。
勤務先の同僚の女の子が情緒不安定になり、
家族に青木が原へ行くと言い残し姿を消しました。
連絡をもらった里美ちゃんは夜にも関わらず車で青木が原方面へ向かい捜索開始。
姿をけした娘も車ですので駐車場が有る所も限られます。
当然携帯電話もありますから居場所は直ぐに分ったようです。
到着した里美ちゃんがその時どの程度“青木が原”へ立ち入ったかは来ていません。
同僚の娘が自宅に戻ったのを確認し、里美ちゃんも帰宅。

おかしくなったのはこの直後。
友人の母親に顔面蒼白で気分が悪いと訴えた里美ちゃん。
母親は直感的に娘が“青木が原”で何かを連れてきたと感じたそうです。

翌日はとても仕事にならず、
母親は地元の祈祷師(本来は占いでしょうが?)に里美ちゃんを見てもらい、
そこで見てもらった答えが「猫が憑いている」・・・
「自宅にある猫を取り除かなければこの娘は治らない」・・・・
母親はハットトリック、
自分自身が大好きで自宅にあるキィティ系グッズ、ジブリのキキ、トトロ、ネコバスなどのぬいぐるみを改めて祈祷師にみせたところ
「これが元凶、処分しなければ娘の災いは収まらぬ」
いわゆる動物霊が“青木が原”で憑依したということ。
その後、この祈祷師に除霊をしてもらい、帰宅後は
家の中にある“猫”系のものは全てダンボールへ封印
(本来は猫系のキャラは全て廃棄処分と言われたようですが長年の大好きキャラの収集、
そう簡単には捨てられなかった)。
家になかった神棚を揃え、神社で厄除けのお札を奉り、毎朝お神酒を捧げ祈り、
ひたすら娘の除霊に努めたようです。
この話を友人から聞いたときは、にわかにはとても信じられませんでした。
が・・・スーパーで友人の母親からその話を聞く傍らで
一緒にいた里美ちゃんの顔色は・・・Nuuuu・・・・やばい!白すぎる・・・・

あれから一年、祈祷師の除霊効果・神棚効果・猫系キャラ封印効果、
そして憑かれた家族の除霊への努力があったのでしょう。
里美ちゃん、すっかり元気になったようです。

くれぐれも言います。
青木が原へ面白半分で近づかないで!
死にに行くのはもっと止めて

私は樹海に向けて絶対カメラのシャッターは切りません・・・・・・
憑いてほしくないから・・・・・・・・・




スポンサーサイト
Posted at 22:04 | 富士山北麓 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。