--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.06

富士山、なめんなよ(怒)一億円払え!

071106_0722~0001.jpg
今朝は小雨の中姿を見せました。雨でも雲が高いんですね。五合目あたりに線を引いたような雲も。
071106_0749~0001.jpg
見ずらいですが、このあとの出勤時にはご覧のようにどんどんと雲が下がってきました。富士山は雪が降ってるんですね。それも吹雪いてるようです。お山はもう真冬。


日の事、真冬のこの富士山に二十歳過ぎの若者4人が9合目付近で遭難し麓警察に携帯で救助を求めてきました。なんとこの4人、日本一高い山に登るのに登山装備を一切せず普段着、食料も持たず靴はスニーカー、山頂近くで一人が登山病になり下山するもアイスバーンで降りるに降りられず救助を要請。前日に五合目まで車で行き、朝4時頃に五合目を出発したそうです。これって皆さん信じられます?許せます?私はとてもじゃないけど許せない!暴走して死にたいなら他で死んでくれ、つまらん思い付きで富士山を汚してもらいたくない…そう思います。今回全員無事にヘリコプターで救助されました(冬山の救助は助ける方も命がけ)もし一日後の吹雪いてる状況なら連絡は取れても救助は不可能。おそらく全員凍死していたのでしょう。つまらない衝動から紙一重で拾った命、これからの人生を大切にしてもらいたいです。しかし、このツケ大きいですよ。救助費用の請求いったいいくらになるんでしょうか?4人の若者の命の代償、一億円でも安いと思うのですが…



スポンサーサイト
Posted at 22:18 | 富士山遭難 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。