--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.21

マンマミーヤ!

「富士山」から話がそれます。画像もありません。
今日放送の「SUMA・SUMA」ビストロのゲスト“ソフィア・ローレン”。
映画に夢中だった中・高生時代、私の中で女優の横綱の一人でした。
今日の出演を全く知らなく突然現れたソフィアにビックリし、感激です。

ソフィア・マストロヤンニの名コンビの代表作「ひまわり」。
テーマ曲と共に生涯忘れぬことの出来ない傑作。
東京・日比谷スカラ座でのロードショー公開初日、
初回から4連続で見続けた記憶を今でも忘れません。

老境のソフィア・ローレンを見て若年の自分自身を思い出す感動の一瞬でした。


スポンサーサイト
2007.11.27

デジカメ選び・・・これどうでしょう?

先週末、Yahoo!ブログを検索中に山梨の地域情報で素晴らしいブログと出会いました。
タイトルは「南アルプスふるさと写真館」
富士山をテーマにしているブロガーなら一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。
恥ずかしながら私は富士山メインのブログを開きながら初めて訪問しました。
感動したのは富士山をはじめ、どの写真にも撮る人の魂が入っているんですね。 
カルチャーショック、目から鱗とはこのことです。
そしてリンクをお願いしようとして飛び込んできたのが・・・・・・・・・・・
ブログ閉館のお知らせでした。
私のブログのお手本にしていただこうと思った次の瞬間の出来事。
本当に残念でなりませんが、次は私がこのブログを越せる物を造りたいと密かに思いました。
11月一杯で閉館ですのでまだ間に合います。
このブログをご覧の皆様、富士山・南アルプスに興味がなくとも是非一度

南アルプスふるさと写真館

へ訪問してみてください。良い時間を過ごせますよ。

11月5日のブログで告白したように、私が掲載した写真は全て携帯写メ。
「南アルプス山麓ふるさと写真館」で富士山を大事に且つ大胆に捉えた姿を見るにつけ
また日々、朝な夕なベランダに広角で姿を現す富士山の感動を伝えるには
カメラで捉えるしかない・・・当然ですよね・・・

遅すぎますが、デジカメ購入を決めました
おじさんにもなって恥ずかしながら初デジカメです。全くのど素人!
ネットでのアドバイスを受け、初心者として富士山を狙うのに決めたのが
富士フイルムのFinePix S6000fdです。
良いも悪いもいろいろ聞きましたが、とにかく撮るのはど素人。
失敗を積み重ねましょう。
でもほんのチョットでも富士山の感動を伝えることが出来るよう精進していきます。

でも私が選んだデジカメ、みなさんどう判断されます
まだ購入以前、アドバイスありましたらお願いします。
2007.11.14

「小さな恋のメロディ」って知ってますか?

晴れているのに“雲隠れ富士右衛門”“霧隠れ富士蔵”に阻まれて今日は富士山に面会出来ず!
突然ですが「小さな恋のメロディ」という昔のイギリス映画をご存知でしょうか。今日は民放で見たいものがなく何気なしに21時からWOWWOWにチャンネルを合わせたら始まりました。歳がばれてしまいそうですが公開当時ロードショーで見て以来30うん年ぶりに巡り合ったでしょうか。手元に当時映画館で買ったパンフレットが残っています。当時の私はビージーズの主題歌とエンディングに流れるCSN&Yの曲が大好き、また主演の女の子“トレイシー・ハイド”でしたかね、この娘が恋人にしたい一番手で映画の筋などどうでもよく見たものです。改めて見て、この映画は人を愛する基本が凝縮された物凄い映画だったんだと実感しました。脚本・カメラワークなどチャップリンのパクリ的なものを感じますが“純粋な心と愛って何”と少なからずとも感じさせてくれました。作品の前後はありますが、私が考えたこの映画のトロッコが行き着いた次の物語がミッシェル・ルグランの曲が耳から離れない“ひと夏の経験”、彼らが大学を進学して起きた“いちご白書”、その一生を垣間見る“フォレストガンプ”なんて思いながらニヤっと一人思いを巡らせています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。