--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.17

接続トラブル

ネットの接続トラブルで丸二日間、全く更新が出来ませんでした。
本日ようやく問題解決。とりあえずご報告です。
スポンサーサイト
Posted at 16:32 | 富士山北麓 | COM(2) | TB(0) |
2008.05.10

矛盾 『富士山の水』

富士山からの湧水は有名ですよね。
毎日、大量の水が富士山の溶岩層を通り周辺に湧き出てきます。
山梨側では富士五湖、忍野八海など。
静岡川では富士宮の白糸の滝や田貫湖、三島の柿田川や楽寿園など。
特に「白糸の滝」はダイレクトに溶岩層から出てくる湧水の滝に息をのみます。

富士吉田にある「道の駅」には、この湧水の水汲み場があります。
富士吉田「道の駅」
止めどなく湧き出る湧水を無料で汲めるので、次々と人々が訪れます。
GW中に撮った写真ですが、たまたまでしょうが空いてました。
富士山の湧水の特徴は…
バナジウムイオン水
ミネラル分を多く含み、特に「バナジウム」の含有量が高いのが有名です。
この「バナジウム」がいくら汲んで帰っても“タダ”。
ポリタンクをワンボックスやトラックに一杯に積んで持ち帰る人も珍しくないです。
ここへ訪れてもしポリタンクやペットボトルが無くても大丈夫。
「ポリタンク」売ってます
「道の駅」でシッカリと売ってますよ。

この麓の湧水の場から車で富士山を登り、場所は富士山五合目。
4月末の「スバルライン」前線開通を待ちかねたように押し寄せる人並み。
見えずとも溢れる人並み五合目
先日アップしたものですが、物凄い人と車。
この写真に写る「土産店」で気になる看板を目にしました。
2万5千円の水
見た通りです。
富士山に降る雨や雪解けの水は、溶岩を通り抜け地下へ直行。
五合目に湧き出てくる水はありません。
しかし、これだけの観光客を補うにはトイレや飲食物など相当量の水の必要性を感じます。

麓で“タダ”で汲める水、トラック一台25,000円で五合目に上げる水。
同じ「水」だけれど、どちらの「水」が大切なんでしょうか。
物凄い“矛盾”を感じずにはいられません。


ニャンとひと押しお願いします。



Posted at 18:24 | 富士山北麓 | COM(4) | TB(0) |
2008.05.04

世界の全ての子供達へ

やっとこ、やっとこ、ひょっとこ見せてくれました (おもちゃのマーチではありません)。
4日午後3時過ぎでしょうか。
4月末からのGW連休突入後初めて富士北麓で富士山が全景を見せました。
今日・明日中に撮りたかったものがありました…「鯉のぼり」。
子供達の未来に幸あれ
富士北麓は忍野村。
この地は男の子の誕生の喜びが「鯉のぼり」に現われます。
都心では見ることの出来ない“戦国の合戦”のごとく男子の誕生を祝う「のぼり」が上がり、
その横にひときわ大きく泳ぐ「鯉のぼり」が特徴。
写真の鯉のぼりはお土産店のPOPで迫力は掛けますが、富士山をバックにすると絵になります。
富士山を仰ぐ「鯉のぼり」の幸せを願うパワーが
世界中全ての子供達に平等に伝わりますように。


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 21:12 | 富士山北麓 | COM(4) | TB(0) |
2008.05.03

春の空ごころ

最後に頂を見せた富士山を捉えたのは一週間前。多忙な仕事で撮ろうにも撮れなかったGW前、
連休に入ったら「撮ったゾー!」と雄たけびを上げてかった富士山、空じからに拒否されました。
ファインダーを覗き始めて分った不安定な春の空心。女心より難しいかも…

3日の午後まで降り続く雨で恒例の休日朝のウォーキングは夕刻に。
上空の青空に期待感高まる富士の姿ですが、お山の雲は取れること無し。
とはいっても一週間ぶりの富士山の登場。
傘・傘の隠れ雲
でも不安定な大気の影響で連休中に予定していた8割のアングルはポシャリました。
休みも後2日。「いい富士山が見せれれば…」 苦境の『富士山ノート』です。



ニャンとひと押しお願いします。





Posted at 22:13 | 富士山北麓 | COM(2) | TB(0) |
2008.04.18

「富士山の写真」

先週末に立ち寄った書店。なにげなく見ていた雑誌欄に目が留まりました。
健康雑誌のパイオニア「壮快」5月号。
その表紙の大きく出ていた『富士山の写真』の見出し。
…健康雑誌に何故この見出し?と思いパラパラと立ち読み。

その記事の中身は「富士山の写真」を部屋に飾っただけで幸運が飛び込んできた…というもの。
そう飾っただけで
   「宝くじが当った」! 「借金がなくなった」! 「病気が治った」!
という事例がいくつか紹介されていました。

立ち読みでサラっとしか見ていませんので、
何故富士山の写真がこんなパワーを持っているのか真意の詳細は分りません。
さしずめ私の下手くそ写真でもご利益があるかどうか…
ご利益ありますように
ブログ表紙にも使っている今年2月撮影の“ダイヤモンド富士”
金箔の額にダイヤモンドなら間違いなくご利益ありそう。
プリントアウトして試してみます。
「壮快」の紹介記事通りなら幸運・健康が舞い込むはずですが・・・・


ニャンとひと押しお願いします。


Posted at 23:50 | 富士山北麓 | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。